top of page

装着型パワーアシストロボット

現在,高齢による筋力低下や腰痛,変形性膝関節症,片麻痺,骨折,脊髄損傷など様々な理由により日常生活が制限されている人たちがいます.私たちも,いつ同じような症状に悩まされることになるかわかりません.

このような人たちが活き活きとした生活を送るために,現在世界中で支援ロボットや装着型パワーアシストロボットなどが開発されています.今回は装着型のパワーアシストロボットに注目してみます.

パワーアシストロボットは,人間の力をサポートするためのロボティクス技術の一つです.日常生活や産業分野で,物を持ち上げる,運ぶ,作業するときに,人間の能力を強化する役割を果たし,例えば,腕や手,足に装着するタイプがあります.人間が力を加えると,パワーアシストロボットもそれに合わせて力を発揮し,重いものを持ち上げる際の負担を軽減してくれます.日常生活に制限がある人に対しては,彼らの身体の動きをサポートし,制限された能力を補完してくれます.例えば,歩行が難しい人に対しては,腰や足に装着することで,歩行を支援してくれます.

これらのロボットの多くはどのような仕組みかというと,装着者の「動かそうとする意志」をセンサ(タッチセンサや速度を計測するセンサ,筋肉に流れる微弱な電気信号を読み取るセンサなど様々あります)で読み取り,その「動かそうとする意志」からモータと呼ばれる電気の力を使って動きを生み出す装置を回転させ,その回転が膝や腕の曲げ伸ばしをアシストしてくれるという仕組みです.

 私も様々な展示会に参加し,多くの装着型ロボットを体験しました.どのロボットもとても見た目がよく,アシストされていると実感することができると思います.ぜひ皆さんも一度展示会などに参加されてみてはいかがでしょうか.最近では,一般の人も参加し,体験できる展示会が多く開催されています.自分の目で見て,体験することで気づくことも多くあります.

最新記事

すべて表示

日本の未来のために私ができること

ここ数年の時代変化は目まぐるしく,新型コロナウイルスの蔓延から,国家間の戦争,ChatGPTなどの生成AIの出現,最近ではバブル期を彷彿とさせる株価上昇など,皆さんも時代の流れや変化を肌で感じ取っているのではないでしょうか.私も書籍やメディア,ネット等の様々な媒体を通して,世界の流れに遅れを取らないよう毎日必死に情報を追っています.日本では賃金格差が日に日に顕著になり,これまでのように朝から晩まで

ジョブ型雇用の到来で大転職時代が来るのか

最近,転職も視野に入れたうえで就職活動をしている学生さんが多くなってきたように感じます. これまで日本では主流とされてきた終身雇用制度が導入されてから約70年ほどたった現在,若年層の正社員が同一企業で働く割合は年々低下傾向にあり(1),一方で正社員の転職率は2016年以降最も高い水準に達したという報告もされています(2). さらに,最近ではジョブ型雇用も注目されてきており,多くの学生さんが不安を感

助教とは

皆さんは助手と助教,助教授の違いを明確に答えられますか?

Comments


bottom of page