top of page

装着型パワーアシストロボット

現在,高齢による筋力低下や腰痛,変形性膝関節症,片麻痺,骨折,脊髄損傷など様々な理由により日常生活が制限されている人たちがいます.私たちも,いつ同じような症状に悩まされることになるかわかりません.

このような人たちが活き活きとした生活を送るために,現在世界中で支援ロボットや装着型パワーアシストロボットなどが開発されています.今回は装着型のパワーアシストロボットに注目してみます.

パワーアシストロボットは,人間の力をサポートするためのロボティクス技術の一つです.日常生活や産業分野で,物を持ち上げる,運ぶ,作業するときに,人間の能力を強化する役割を果たし,例えば,腕や手,足に装着するタイプがあります.人間が力を加えると,パワーアシストロボットもそれに合わせて力を発揮し,重いものを持ち上げる際の負担を軽減してくれます.日常生活に制限がある人に対しては,彼らの身体の動きをサポートし,制限された能力を補完してくれます.例えば,歩行が難しい人に対しては,腰や足に装着することで,歩行を支援してくれます.

これらのロボットの多くはどのような仕組みかというと,装着者の「動かそうとする意志」をセンサ(タッチセンサや速度を計測するセンサ,筋肉に流れる微弱な電気信号を読み取るセンサなど様々あります)で読み取り,その「動かそうとする意志」からモータと呼ばれる電気の力を使って動きを生み出す装置を回転させ,その回転が膝や腕の曲げ伸ばしをアシストしてくれるという仕組みです.

 私も様々な展示会に参加し,多くの装着型ロボットを体験しました.どのロボットもとても見た目がよく,アシストされていると実感することができると思います.ぜひ皆さんも一度展示会などに参加されてみてはいかがでしょうか.最近では,一般の人も参加し,体験できる展示会が多く開催されています.自分の目で見て,体験することで気づくことも多くあります.

最新記事

すべて表示

これからの大学の在り方

先日,私立大学を運営する全国567の学校法人のうち,101法人が債務超過などにより経営困難な状況にあるとの記事が複数の新聞等で掲載されました.少子化に歯止めが効かない日本において,特に学生等からの授業料等(そのほかにも私学助成等様々ありますが)で運営する私立大学では,今後学生の囲い込みが激しくなることが予想されます.

行動するということ

「行動することが大事」,頭では理解していても実際に行動できる人がどの程度いるでしょうか.歳を重ねるにつれ,周りの空気がわかるようになるにつれ,行動することが困難になってきてはいないでしょうか.私自身もそうです.頭では動かなければと理解していても,行動することに対するメリットとデメリットを考えてしまい,なかなか実際に行動することが難しくなってきています.行動するといっても,その環境やシチュエーション

ものづくり×研究開発

研究や開発,プロジェクトを進めるうえでアイデアが浮かばない時,皆さんならどうしますか? 例えば研究においてアイデアが出ない時でもよいですし,何かのプロジェクトで煮詰まった時でもよいかと思います. このような場合,選択肢としては何があげられるでしょうか.一番初めに頭に浮かぶことは何でしょうか. パソコンとにらめっこをするか,ディベートを重ねるか,あきらめるか,あるいは別の手段もあるかもしれません.あ

コメント


bottom of page